MENU

ラシックスの効きはじめから効果が消える時間とは?

 

今回は、ラシックスを服用してからどれくらいで
効果が表れてどれくらいで効果が切れるのかをご紹介いたします。

 

 

ラシックスが効き始めるまで

 

ラシックスを服用したからと言って、飲んで2、3分で効果が出るかと言うとそうではありません。

 

例えば、熱が高い時に解熱剤を飲んでもすぐに熱は下がらないのと同じ理由なのですが、
通常薬を飲むと、薬の成分が血液中に吸収され、血液中で薬の濃度が高まっていきます。

 

この血液中の濃度がある一定の範囲内であれば効果が表れます。
(ちなみに、効果のある濃度に達する時間を血中濃度達成時間と言います。)

 

ラシックスの薬の効果が最高に表れる最高血中濃度到達時間は1時間から2時間となっていますので、
個人差はありますが遅くても薬を服用してから1時間もすれば効果が表れ始めるのです。

 

この効果の表れた頃が、一番利尿作用が強いため、かなり顕著に効果は実感できるはずです。

 

 

ラシックスの効果が切れるまで

 

最高血中濃度時間になってからその効果が半減する時間を半減期と呼ぶのですが、
ラシックスの半減期は0.35時間となっています。
つまり、効果がピークになってから30分もすると効果が半減していきます。

 

しかし、半減するだけであって効果が無くなるわけでは無く、
そこから徐々に効果が薄れていきますので、油断はしないようにしましょう。

 

効果が完全に切れるまでは約6時間かかりますので、
その間はトイレに行きやすい環境で居る事が大切です。

 

また、多く飲んでも副作用が出るだけですので、
多く服用するより毎日定期的に決まった量を正しく飲むことが大切なのです。

 

>>ラシックス 通販へ戻る